赤ちゃんの便秘SOS【ママもスッキリ育児のHappyアイテム】

ベビーの悩み解決

赤ちゃん

生後1ヶ月やもうすぐ1歳を迎えようとしている11ヶ月の赤ちゃんでも、大人と同じように腸内環境が不調だと便秘になってしまいます。しかし赤ちゃんは喋ることが出来ないので、自分の気持ちを泣くことでしか伝えることが出来ません。そのためお腹の張りや便の回数で、便秘かどうかを確認することとなります。万が一便秘になってしまった時には、ビフィズス菌を腸の中で増やしてくれるオリゴ糖を摂らせてあげると良いでしょう。母乳にも含まれているオリゴ糖は天然成分で、下剤を使用するよりも安全性に優れています。オリゴ糖は主に大豆類やイイモ類、根菜類や乳製品に含まれています。しかし赤ちゃんは成長やアレルギーの問題で、どの食材でも自由に食べることが出来ません。そのため効率良くオリゴ糖を摂るには、オリゴ糖が配合された粉ミルクが最適なのです。

赤ちゃんの辛い便秘にはオリゴ糖が最適です。オリゴ糖の大きな役割は、腸内環境を整えることです。腸内環境がスッキリすれば便秘を解消することが出来るので、そのためにはオリゴ糖が欠かせないのです。オリゴ糖を摂る最適な方法は、オリゴ糖入りのミルクを飲ませてみると良いでしょう。ミルクにはキシロオリゴ糖やラフィノース、乳果オリゴ糖やガラクトオリゴ糖など様々なオリゴ糖を使って作っています。種類によって特徴は異なるのですが、どれも便秘解消には効果的なのです。ミルクは赤ちゃんが毎日飲む成長に欠かせない食事となっているので、オリゴ糖入りのミルクであれば簡単に取り入れることが出来るでしょう。